事業承継・相続

スムーズな事業の承継には何が必要でしょうか?

承継・相続に関する問題に最善のプランをご提案いたします。

事業承継について

事業承継は経営者にとっていつかは訪れる重要な問題です。

事業承継は事前に準備をしておくことが重要で準備開始時期が早すぎる事はありません。

事業承継を検討する際に、これまでの事業内容や将来性を分析する必要があります。

相続税・遺産分割・後継者教育・経営体制の引継ぎなど、様々な問題についてご提案します。 

事業承継の方法

事業承継の流れは大まかに下記図の様になり、その方法は大きく分けると3つが挙げられます。

1.親族内承

経営者のご子息など血縁関係者に事業を継がせる事です。

2.親族外承継(従業員など) 

親族以外の人物に事業を継がせる事です。

従業員の中から選ぶか、社外から自社にふさわしい人物を選抜して事業を継いでもらうかの2パターン考えられます。

どちらを選択するにしても、周囲の賛同を得ることが大切です。

3.M&A

M&Aは企業の合併と買収を意味します。

中小企業が会社を残して行く、発展させて行く手段の一つとしてM&Aを選択することが必要になる場合もあります。

売り手の希望条件に合う会社を見つけて判断すると共に、買い手の状況を把握することが重要となります。

事業承継を円滑に進めるために

この様な問題について「いつ承継するのか」、「誰に承継するのか 」、「どのような手法で承継するのか」など経営者の皆様が抱えている問題点についてより良い解決策をご提案いたします。

どんなに小さな事でも構いません。まずは当事務所までお気軽にご相談下さい。

お問合せ
採用情報

事務所概要

事務所タカタニ会計事務所
住所京都市下京区七条通り
東洞院東入ル材木町
499-2
第1キョートビル9階
所長税理士  髙谷篤司 
(籍名:浩二)
TEL075-741-8026
メールお問合せボタン